未分類

電子辞書について

電子辞書 (CASIO EX-word)

専門分野の辞書はいくつか揃えたものの、国語辞典、英和辞典、英英辞典などそのあたりの基本的な辞書を一切持っていなく、現在はオンラインの無料のものを使用している状態です。

で、最近気になっているのが、CASIOの電子辞書「XD-SR20000」(2019.2.8発売予定)

『翻訳者におすすめの辞書』から欲しいなと思うものを抜粋してメモしていたのですが、ことごとくこの機種に収録されていました。

一例を挙げると↓↓

・ランダムハウス英和大辞典
・新英和大辞典/和英
・ジーニアス英和大辞典/和英
・リーダーズ/リーダーズプラス
・自然科学系英和大辞典/和英
・オックスフォード現代英英辞典
・日本国語大辞典
・広辞苑

その他にも、化学、物理、生物の辞典、法律用語辞典、ロイヤル英文法など挙げればキリがないですが、200種類のコンテンツがあり、とにかくもの凄く充実しています。
(オプションで理化学大事典/理化学英和辞典もダウンロード可)

 


キーボードのレイアウトも50音順ではなく、パソコンと同じでありがたい。

 


実際にこれだけ揃えるといくらになるのか・・・。

串刺し検索もできるようなので、複数の辞書を一つ一つ引く手間も省かれます。

 

ただ、唯一にして最大の残念ポイントは、パソコンにダウンロードできないということ。
やはり作業時間短縮のためには、パソコン上でサクッとコピペして検索したいところ。

そこがなー。。ちょっとなー。。

でもこれだけの内容でこの値段はありえないと思うので、ここは買ってみようかと思います。 とりあえず発売日までもう少し悩んでみます。

 

コトバンクの充実ぶり

百科事典、国語辞典、英和・和英辞典、人名辞典、現代用語事典、様々な分野の専門用語集など99辞書、約68万語(2011年8月時点)を収録し、無料で情報提供する。キーワードを辞書横断的に検索できる他、辞書を個別に指定して調べることもできる。URLは、http://kotobank.jp/

「コトバンク」の特徴は、用語解説の信頼性を重要視している点です。掲載している辞書は実績のある出版社や、その分野においての知識が豊富な企業などから提供されたもので構成しています。

コトバンクに収録されている辞書の一覧はコチラ
大辞林やブリタニカも普通に無料なんですね。凄い。

 

Logophileの検索設定(個人的おすすめ)

・インクリメンタルサーチをオン
オンになっていると検索ボタンが押されてから検索するのではなく、文字の入力・削除に追随して検索を行います。
検索ボタンを押す手間がないのと、スペリングが定かでない単語を探すときなどに便利です。
さらにスピードを重視するなら検索結果の表示を「単語別」にしておくと、検索候補の一覧が一気に表示されるので便利です。

 

・語尾補正をオン
検索語が英語の規則変化・不規則変化・派生語の語形になっている場合、それらを入力されたままと原形の両方で検索します。他のソフト上の語を取り込んで検索する時などに便利です。

 

まぁ、何が便利かはどう調べたいかによって変わるのでケースバイケースなのですが、スピード重視での個人的な好みを記載させていただきました。

(※Logophileは様々な規格の電子辞書を一括で検索・表示するためのソフトウェアで、翻訳者のマストアイテムです)

 

やはりCASIOの電子辞書じゃなくてパソコン上だけで簡潔できるほうが良い気がしてきた。
とりあえず発売日までもう少し悩んでみます。(←2回目)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です