脳を活性化

昔から「朝食が大事」と耳にはしていたので、とりあえず食べることだけは習慣になっていました。ただ、忙しいときは菓子パンだけになってしまったりしていたので、ちょっと見直す必要がありそうです。

脳のシナプスを繋いで脳を活性状態にするために必要なのは、タンパク質とビタミンとDHA。脳は一度活性化すれば1日状態を維持できますので、これらは1日に1回摂取すれば大丈夫です。そして脳のエネルギーとして必要なのが、炭水化物です。

私のお勧めは、朝食でそのすべてをバランスよく摂取し、毎朝、脳を活性状態にすることです。朝食を摂らないと脳のパフォーマンスが落ちることがわかっています。毎朝、バランスよく摂るのが難しい人は、サプリメントで補ってもよいでしょう。

昼食はご飯一膳分の炭水化物を摂るぐらいで十分。夕食は体重の増減に気を付けて、好きなものを食べたらよいでしょう。

引用元:プレジデントオンライン

基本的には朝はバランス良く食べていますが、パンだけとか偏る日もあるので、そんなときは朝にサプリを飲むようにしてみます。今まで夜に飲んでましたので。

違いが体感できると良いな

天然高分子→三大栄養素→栄養科学 と発展していきましたが、栄養科学は掘り下げると楽しそうだし、とても役に立ちそうです。

特許翻訳の場合、好きで掘り下げた知識が仕事に活かせるのが良いですね。

エネルギーが不足すると、脳や神経へ栄養が行き届かなくなり、判断力が鈍り、注意力が散漫になってくるそうです。まぁ当たり前のことなんですが。。これも改めて実感。

これからは「何を食べるか」をもっと意識しよう。

フォローする